来年(平成30年)度より新専門医制度が始まります!

いよいよ来年度、平成30年度から新専門医研修制度が始まります。来年度から基本領域とよばれる18診療科(内科、外科、小児科、産婦人科、麻酔科、リハビリテーション科、耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科、整形外科、脳神経外科、精神科、泌尿器科、放射線科、形成外科、救急科、病理、臨床検査、総合診療科)の専門医を取得するためには、各科の専門医試験を受ける前の研修として、日本専門医機構で承認された、各科の専門研修プログラムに専攻医として加わって研修をことが義務づけられることになります。

専門医取得に必要な研修年数は、リハビリテーション科専門医の場合「3年間」となります。各専門研修プログラムは、「医師を養成する大学病院、或いは同等の研究・教育環境を提供できると認められる施設」である基幹病院が中心となり、「リハビリテーション科指導医が常勤として在籍する」連携病院である急性期や回復期病院等から構成されます。もちろん、兵庫医科大学病院リハビリテーション科も基幹病院となり、12の急性期・回復期病院を連携病院として兵庫医科大学リハビリテーション科専門研修プログラムを作成いたしました。

これまでの専門医研修との違いは?

今年度までは、リハビリテーション科の場合、各学会で認定された臨床研修指定病院で3年間研修して、各分野での経験症例数、学会発表数など、を満たしていれば専門医受験資格がえることができました。つまり、1か所の病院で3年研修していても専門医受験資格を取得することができました。しかし、それでは、どうしても経験する症例やリハビリテーション科医師としての診療などの研修内容に偏りが生じる可能性があります。そこで専門医として必要な研修の質を担保するために、新専門医制度が今回策定されました。

具体的な変更点としては、まず第一に、研修する病院の形態(急性期あるいは回復期)と大体の研修期間が決められたことです。例えば、大学病院のような急性期の高度医療を行う基幹病院に6か月以上、回復期リハビリテーション病院での主治医としての経験が6か月以上研修を行うことが、定められました。その他、経験しなければならい症例の種類が、これまでより詳細に決められるなど、リハビリテーション専門医となるための必要な要件が具体的な目標として示されています。

兵庫医科大学リハビリテーション科専門研修プログラムとは?

兵庫医科大学リハビリテーション科専門研修プログラムは, 将来の日本のリハビリテーション医療におけるリーダーシップを果たす人 材を育成するため,幅広い経験を経験豊富な指導医により教育し、診療,研究,教育が行える人材育成を行うことを目的とします。

基幹研修施設である兵庫医科大学病院は 919 床を持つ特定機能病院で, 各診療科が高度医療を担っています。その中でリハビリテーション科は 300 名以上の入院患者,慢性期外来患者,臨床治験患者(先天性筋疾患,骨腫瘍 術後,神経変性疾患,白血病患者など)の入院外来での介入を行っています。 また大学病院として研究にも力を入れており,臨床を行いながら研究活動にも参画できます。リハビリテーション医学講座としては博士課程大学院生の 教育も行っており,希望する場合には専攻医の期間中に大学院に進学し,臨床を行いながら研究をスタートすることも可能です。

当プログラムの関連研修施設には,急性期総合病院,回復期病床を持つリハビリテーション専門病院や総合病院があり、興味があるリハビリテーション科のサブスペシャリティに合わせた各種専門性を持つ研修も可能です。将来どのようなリハビリテーション医師になるのか、どのような職場を希望するのかを考慮した各種プログラムを作成しています。

これまでの当医局の専門医養成実績

リハビリテーション科の専門医は基本領域の専門医の中、必要数と比べて専門医数が最も不足しており、医療現場で最も育成が求められている専門医科であるといえます。兵庫医科大学リハビリテーション医学教室は日本有数のリハビリテーション科専門医を育成している教室で、毎年必ず複数の新専門医を輩出しており、合格率もほぼ100%です。臨床・研究指導、学会・論文作成指導のみならず専門医試験対策もバッチリですのでご安心ください。

他科の専門医を取得されていて、リハビリテーション科の専門医を目指す先生へ

今回の新専門医制度におきまして、基本領域の脳神経外科、整形外科、内科、小児科、外科等の専門医を有している医師につきましては、2年間の研修で専門医を取得できるカリキュラムの作成が認められることになる予定です(詳細未定)。すでに上記の専門医を持っておられて、リハビリテーション科に転科あるいはリハビリテーション科の専門医も取得したいというご希望のある医師も、以前と比べ取得しやすくなりますので奮ってお申し込みください。

旧専門医制度もまだ間に合います!

今すぐ転科できる先生方は旧専門医制度で専門医取得できます。

入局希望の方へ

リハビリテーション科専門医研修日誌

ページの上部へ