医学生の皆様へ

兵庫医科大学リハビリテーション医学教室は、ロボットリハをはじめ、CI療法においては全国で最も多くの患者様に対して実施し、リハビリテーション医療を牽引しています。随時見学可能です。

新着情報

2018/10/22NEW 2019年1月26日開催  西日本公式第19回ADL評価法FIM講習会
2019年2月16-17日開催 呼吸理学療法実践セミナー →詳細は「セミナー情報」へ
2018/10/22 専攻医一次登録が開始されました →詳細は「後期研修プログラム」へ
2018/10/3 「実践CI療法講習会」にご参加の皆さま方へ
台風25号の接近により開催に影響がある場合は、 facebookCRASEED twitter、CRASEED LINEにて情報を配信してまいります。
2018/9/13 医局説明会を開催します
2018/6/11 2018年9月22日開催  リハビリテーションのための嚥下障害と栄養
2018年10月7日開催  実践CI療法講習会
2018年10月14日開催 脳卒中予後予測セミナー →詳細は「セミナー情報」へ
2018/5/7 第18回兵庫医科大学 呼吸リハビリテーションセミナーの募集を開始いたしました
2018/4/16 2018年度 主催セミナーが決定いたしました
2018/3/6 道免教授テレビ出演(テレビ東京「ゆうがたサテライト」)のお知らせ
2018/2/19 道免教授テレビ出演(関西テレビ「報道ランナー」)のお知らせ

書籍

行動変容を導く! 上肢機能回復アプローチ 脳卒中上肢麻痺に対する基本戦略

監修:道免和久

出版社:医学書院


CI療法を中心に、ニューロサイエンス・行動心理学といった、行動変容を導く戦略の根幹となる学問を基盤とした上肢機能回復アプローチについて、その学術的背景・基礎知識・メカニズムあるいはコンセプト・実際の治療法に至るまで1冊に凝縮した内容となっています。

ニューロリハビリテーション

著者:道免和久

出版社:医学書院


本書は本来の“Neuroscience based rehabilitation”の立場から、脳の可塑性をはじめとする最新の脳科学の知見から発展したCI療法をはじめとする各種ニューロリハビリテーションの実際について、主には運動学習の視点から解説。高度な記載はコラムで補足するなど、初学者にも分かりやすくなっています。

脳卒中機能評価・予後予測マニュアル

著者:道免和久

出版社:医学書院


リハビリのゴール設定や入院治療期間の設定に極めて重要な脳卒中の機能予後予測について、まず予後予測のために必要となる機能評価法について解説し、更により実践的な予後予測ができるように、従来から最新の予後予測法を幅広く取り上げます。代表的な症例を通して、具体的な臨床応用の実例を紹介しているリハビリスタッフ必見の書です。

第56回日本リハビリテーション医学会学術集会

兵庫医科大学リハビリテーション科レジデント専門医研修日誌

クラシードセミナー

Copyright(c) 2017 Hyogo college of Medicine Rehabilitation center. All Rights Reserved.