入局した医師の声

他科から転科してきました
兵庫医科大学リハビリテーション医学講座

■ 10年目まで神経内科医として脳卒中や神経難病の患者様を診療していく中で、嚥下障害や高次脳機能、在宅ケアなどの対応に苦慮することが多く、リハビリテーションの知識が必要不可欠であることを実感していました。兵庫医科大学の門戸を叩き、道免先生を始め、神経科学にも造詣の深い先生方のお話しを伺い、先生方の下でリハビリテーションを勉強したいと思いました。兵庫医科大学には縁もゆかりもなかったため、様々な不安の中で診療をスタートしましたが、温かく迎えてくれて感謝しています。

■ 初期研修終了後、小児科医として働いておりました。小さく産まれた赤ちゃんが生命の危機を乗り越えて退院した後、運動発達が遅れてきたり、重度の障害を持って産まれ、家に帰ることができない子供たちをみている中で、治すことができないけれども子供たちの可能性を広げることができるのがリハビリテーションではないかと思い、勉強したいと考えるようになりました。様々な患者様にリハビリが必要とされており、改めてリハビリの世界の奥深さや必要な知識の幅広さを感じています。

■ 脳外科からリハビリテーション科に転科し、再度脳外科に戻りましたが、リハビリの重要性を再認識しリハビリテーション科に戻りました。目標に向かい、障害を克服していく過程でのリハビリの素晴らしさを痛感しています。

■ 胸部心臓血管外科医として医師のキャリアをスタートさせ、リハビリテーション科に転科しました。手術をして終わりというのではなく、患者様のQOLを見ることの必要性を感じて仲間に加えていただきました。生活に寄り添うリハビリテーション科医のニーズは今後ますます高まってくると思います。

■ 整形外科医として働く中で、リハビリテーション医学の必要性を強く感じ、転科しました。多くの患者様がより良い人生を送れるよう、またそのために社会と医療が近くなるように尽力したいと思っています。育児中でもありますが、臨機応変に対応していただける医局の雰囲気も、とても働きやすく助かっています。

■ 精神科から転科しました。急性期を越えた方が日常生活に適応していく際、身体的な問題に加え、心理社会面を含めて支援できることにリハビリテーション科の魅力を感じています。

産休・育休から復帰しました

■ この度育休から復帰しました。医師となり研修をしていく中で、退院すればゴールとなる医療に疑問を感じ、患者様に寄り添うことができるのはリハビリテーション科だと思い入局に至りました。大学病院でのリハビリは急性期を中心として脳神経疾患、内部障害、がん疾患をはじめ、慢性期脳卒中のCI療法など多岐に渡っています。勉強不足を日々痛感させられますが、医局の先生方のご指導をいただきながら楽しく働いています。また、関連病院とのネットカンファレンスもあり、育児をしながら自宅でも参加することができるのでとても恵まれた環境です。

■ 子育てで臨床をしばらく離れていたこともあり、当初は右も左もわからない状態でしたが、恵まれた環境に感謝しながら専門医をとることを目標に奮闘しています。

後期研修を終えました

■ リハビリテーション科は、いわゆる医者が行う治療、ということでイメージするものとは違って、歩いたりトイレに行ったりご飯を食べたりといった生活機能を上げるためのリハビリテーションを通して、患者さんの人生のお手伝いをします。医局のみんなで支え合って、自分の時間をもちながら働ける恵まれた環境です。

■ 私は学生時代に交通外傷により重い障害が残り、これまでできていた日常動作が碌にできなくなりました。どの主治医も私の「身体」を診察するだけで、その先の「動作」についての指導はしてもらえませんでしたが、ある日、紹介受診した道免教授だけは「どうすれば〇〇ができるようになるのか」を一緒に考えてくれました。リハビリテーション科は病気を治さずに人を健康にできる素晴らしい科です。

■ 学生の頃に受けた講義で一番印象に残っていたのがリハビリテーション科の講義でした。各疾患に焦点を当てている他科とは異なり、患者さんと、その障害に焦点を当てているところが印象的でした。疾患は改善したにも関わらず、家へ帰ることができない患者さんの存在が気になり、何か少しでもいいから生き生きと活動してほしいという思いを持つようになりました。患者さんに寄り添える医師になりたいと日々勉強中です。

■ 研修医中に、様々な症例に関わる中で、どの疾患についても必要とされるリハビリテーションを専門的に学び、生かすことの重要性を実感し、入局しました。当院でしか見られないような先進的な医療器具、様々なことを教えてくれる療法士たち、熱心な指導体制があり、患者様に必要とされるリハビリテーションを提供でき、学ぶことのできる素晴らしい環境が備わっています。医局の雰囲気も和気あいあいとしてアットホームなところです。

■ 関連病院も西日本で最大のリハビリテーション室、病棟と豊富な症例が経験でき、かつやりたい事はVE、VF、筋電図はじめ排尿機能検査まで大学病院並みになんでもできるという事が魅力的です。リハビリテーション科入局を考えている方は、是非一緒に頑張りましょう!

■ 高校時代の怪我をきっかけに医師を志したので、自然とリハビリに興味を持つようになりました。リハビリの世界に足を踏み入れると、QOL改善から、死亡率を減らす効果が非常に大きい治療としてのリハビリまで本当に幅広く、リハビリはプレ急性期の治療と感じています。